交通事故。ややこしい場合弁護士さんに依頼しましょう

交通事故で相手側が保険屋さんを介さない場合は、こちらの「保険屋さん」と「相手の方」との話し合いになります。

相手の方が「絶対悪くない!!」と言い張ると、保険屋さんも強く出れず、五分五分で…となることがあります。


「こちらはぶつけられた方なのに…」「こっちは自転車、相手は車なのに…」という場合ですら、相手の言い方、態度一つで、五分五分になるのです。

そういう場合は、弁護士さんに依頼しましょう。

NAVERまとめ情報探しならこちらをご確認下さい。

車両保険をかける際に、特約で「弁護士費用」という項目があり、それを追加で契約した場合は、こちらで解決できない交通事故の問題を解決して下さいます。弁護士さんなので、相手の出方等、一切関係なく、論理的、徹底的に相手の方と話し合って下さいます。

たいていの方は、裁判までいかずに、弁護士さんの意見に従ってくれると思います。

こちらと相手との話し合いは一切ありません保険会社によって内容は違いますが、私のかけている保険会社の場合は、相談は無料ですし、裁判までの費用も無料でした(それ以上は費用がかかることがあります)交通事故してすぐはこちら側も相手側も事故した内容を鮮明に覚えています。
が、日が経つにつれ、自分のいいように記憶がすりかわっていくのです。


ですので、頼む場合はできるだけお早やに相談なさって下さい。

一流の交通事故の弁護士情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

本来ならば、保険やさんどうしで解決して下さるのが、一番です。



でもいろんな方がおられるのは事実です。

もしものためにも「弁護士さん」助けて下さいます。